ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県職員の月給・ボーナス 3年ぶり引き上げ勧告

岐阜県職員の月給・ボーナス 3年ぶり引き上げ勧告

県人事委員会は6日、県職員の月給とボーナスを引き上げるよう古田肇知事に勧告しまし...
古田肇知事に勧告を手渡す廣瀬英二委員長(左から2人目)=6日午前、県庁

 県人事委員会は6日、県職員の月給とボーナスを引き上げるよう古田肇知事に勧告しました。引き上げの勧告はいずれも3年ぶりです。


 県人事委員会は古田知事に対して、初任給と、20代半ばの職員を中心に月給を引き上げるように勧告しました。また、ボーナスは0.1カ月分引き上げるよう求めました。引き上げの勧告は月給、ボーナスともに2019年以来3年ぶりです。


 県内の民間事業者の経営状況が回復傾向にあり、民間企業の月給とボーナスの支給額が県職員の支給額を上回っていることから、その差を埋めるためとしています。


 県が勧告通り引き上げた場合、行政職(平均42.3歳)の平均年収は4万4977円増えて595万7074円になります。

※古田肇知事
 「給与については、民間との差をきちんと調査をしていただいて、それについては必要なご提言をいただきましたので、それを尊重して対応したい」

関連記事