ニュース

  • ニュース一覧
  • 高校生の防災リーダー、全校生徒に応急処置指導 岐阜市の岐山高校で訓練

高校生の防災リーダー、全校生徒に応急処置指導 岐阜市の岐山高校で訓練

防災リーダーの生徒が、高校生に災害現場で役立つけがの応急処置法などを伝える訓練が...
災害時に使える応急処置を伝える防災リーダーの生徒ら=5日午後、岐阜市の岐山高校

 防災リーダーの生徒が、高校生に災害現場で役立つけがの応急処置法などを伝える訓練が5日、岐阜市の高校で行われました。

 
 岐山高校で行われた「命を守る訓練」。消防士から指導を受けた防災リーダーの生徒4人が、各教室とオンラインでつなぎ、過去の災害映像も活用しながら起きやすいけがや身近なものを使った応急処置方法を、全校生徒に説明しました。


 生徒たちは、腕をハンカチで覆ってラップをまいて止血する方法や、骨折した場合に教科書で腕を固定するといったさまざまな処置方法を実際に体験しました。


※防災リーダーの生徒
 「時間の合い間を縫いながら少しずつ応急処置を学びましたが、やはり聞いたことがあるだけ、知っているだけということを、自分たちで実際に体験してアウトプットするのがとても勉強になったし、身に付いたと思います」

関連記事