ニュース

  • ニュース一覧
  • 磨いた技術、存分に発揮を 岐阜市で「技能五輪」出場12選手の壮行会

磨いた技術、存分に発揮を 岐阜市で「技能五輪」出場12選手の壮行会

さまざまな分野で研さんする若き技能者が、そのレベルを競い合う第60回技能五輪全国...
激励を受ける技能五輪全国大会に出場する選手ら=岐阜市柳ケ瀬通、ホテルグランヴェール岐山

 さまざまな分野で研さんする若き技能者が、そのレベルを競い合う第60回技能五輪全国大会(11月・千葉県)に岐阜県から出場する選手の壮行会が5日、岐阜市で開かれました。


 大会は、原則23歳以下の若者が家具やフラワー装飾など計41の職種で技能を競うもので、岐阜県からは計8つの職種に男女合わせて12人が出場する予定です。2024年9月にフランスで開かれる国際大会の選手選考も兼ねています。


 5日に開かれた壮行会では、選手一人ひとりのプロフィールが紹介された後、県職業能力開発協会の大松利幸副会長が「持てる力を振り絞り、競技に臨んでほしい」と激励しました。

 技能五輪全国大会は11月4~7日に千葉県で開かれます。

関連記事