ニュース

  • ニュース一覧
  • 秋の高山祭に向け 3年ぶりの屋台準備 岐阜県高山市

秋の高山祭に向け 3年ぶりの屋台準備 岐阜県高山市

10月9日からの秋の高山祭を前に高山市内の屋台蔵では祭り屋台の準備が行われていま...
本番に備える祭屋台=2日、高山市大新町、鳳凰台蔵

 10月9日からの秋の高山祭を前に高山市内の屋台蔵では祭り屋台の準備が行われています。

 10月9日と10日に開催される秋の高山祭は桜山八幡宮の例祭です。

 2022年は、修理中の屋台1台を除く10台の煌びやかな祭屋台が表参道に曳き揃えられます。

 このうち高山市大新町にある鳳凰台の蔵では2日、屋台組の保存委員6人で、飾りつけ作業が行われました。

 「鳳凰台」は、屋根に飾られた一対の「鳳凰」などが特徴で、金色の飾り細工が施された朱塗りの高欄や龍の飾り細工が付いた伊達柱などが取り付けられ、屋台蔵を観光客が見入っていました。

 飾り付けが終わった屋台は屋台蔵にしまわれ、10月9日、10日の本番に備えます。

関連記事