ニュース

岐阜県が旧統一教会相談専用窓口を設置

世界平和統一家庭連合=旧統一教会の問題を受け、岐阜県は県民の相談に応える専用の窓...
答弁する古田肇知事=30日午前、県議会本会議場

 世界平和統一家庭連合=旧統一教会の問題を受け、岐阜県は県民の相談に応える専用の窓口を設置します。

 県議会定例会の一般質問で日本共産党の中川裕子議員の質問に、古田肇知事が答えました。

※古田肇知事
 「今般の旧統一教会を巡る状況に鑑みて、本県としてはこの問題に関する専用の相談窓口を設置するとともに、関係する機関との連携体制を強化する」

 旧統一教会に関する専用の相談窓口は県民生活相談センターに設置し、相談者に対処法を助言するとともに寄せられた情報は被害者の救済に生かすということです。

 また、旧統一教会の関連団体が主催するなどしたイベント2件を県が後援していたことについて、古田知事は「今後はより注意深く対応する」とし、後援の判断を各部局に任せるのではなく、県として統一した基準を設けるとともに、秘書広報部門を統括部署とすることでチェック体制を強化する考えを示しました。

関連記事