ニュース

  • ニュース一覧
  • シミュレーターで自転車の注意点体験 岐阜市の小学校で交通安全教室

シミュレーターで自転車の注意点体験 岐阜市の小学校で交通安全教室

自転車シミュレーターを活用した交通安全教室が26日、岐阜市の小学校で開かれ、子ど...
シミュレーターを体験する児童=26日午前、岐阜市大洞桜台、芥見東小学校

 自転車シミュレーターを活用した交通安全教室が26日、岐阜市の小学校で開かれ、子どもたちが自転車に乗る時の注意点を学びました。

 秋の交通安全運動の一環で芥見東小学校で行われた教室は、自転車に慣れてきた3、4年生に安全確認の重要性を学んでもらおうと開かれたもので、約60人が参加しました。

 シミュレーターは、ペダルをこぐと前方の画面に映し出された景色が動く仕組みで、子どもたちは見通しの悪い交差点を走ったり、停止線で止まったりして、走行時の危険箇所を確認していました。

※体験した児童
 「角の車がよく来る所や、車が止まっていたり人が通る場所に、ちゃんとシミュレーションをやって気を付けないといけないなと思いました」
 「右と左に分かれている所は、人間や車やバイクが通るかもしれないから、ちゃんと止まれるようにしました」

 警察官による安全講話もあり、子どもたちは乗る前に後方を確認することや歩行者優先など、自転車に乗る時の注意点を学びました。

関連記事