ニュース

  • ニュース一覧
  • ヘリや白バイ・・・空陸一体取り締まり 岐阜県飛騨地域の国道41号

ヘリや白バイ・・・空陸一体取り締まり 岐阜県飛騨地域の国道41号

秋の全国交通安全運動に合わせ、飛騨地域の国道41号線で26日、三つの警察署が合同...
出発式に参加した白バイ隊員ら=26日午前、高山市丹生川町、飛騨エアパーク

 秋の全国交通安全運動に合わせ、飛騨地域の国道41号線で26日、三つの警察署が合同で、県警ヘリなどと連携した空陸一体の取り締まりを行いました。

 空陸一帯の取り締まりは飛騨市から下呂市の国道41号線で、あおりやはみ出しなど危険な運転をする車両を県警のヘリコプターが空から監視して、白バイやパトカーと連携して取り締まろうというものです。

 高山市丹生川町の飛騨エアパークで行われた出発式には、高山・下呂・飛騨の3警察署と、県警の交通機動隊・航空隊から計23人が参加し、高山署の西脇克児署長が「安心安全な飛騨地域のために、効果がある取り締まりをしてください」と訓示しました。

 その後、白バイ3台を先導に、パトカー5台とヘリコプターがパトロールに出発しました。

※高山警察署 今村正彦交通課長
 「あおり運転や、追い越し禁止違反などを重点に、ヘリコプターと連携した取締りを実施、これからも引き続き悪質交通違反の検挙に向けて取り組んで行きたいと思います」

関連記事