ニュース

  • ニュース一覧
  • 台風15号 岐阜県に24日朝にかけて最接近 大雨の恐れ

台風15号 岐阜県に24日朝にかけて最接近 大雨の恐れ

 台風15号は24日明け方から朝にかけて岐阜県に最も接近する見込みです。

 台風15号は紀伊水道沖を北上し、次第に進路を東寄りに変えて、24日明け方から朝にかけて岐阜県に最も接近する見込みです。

 県内では台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっているため、24日昼前にかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となりそうです。

 降り始めから23日午後7時までの降水量は多いところで、岐阜市で105.5ミリ、関市板取と高山市六厩で101ミリ、美濃市で99ミリなどとなっています。

 23日から24日にかけて予想される1時間降水量はいずれも多いところで、美濃地方で40ミリ、飛騨地方で30ミリ、24日午後6時までの24時間降水量はいずれも多いところで、美濃地方で120ミリ、飛騨地方で100ミリの見込みです。

 気象台は、土砂災害に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水に注意・警戒するよう呼びかけています。

 なお、台風の影響でJRは、東海道線の豊橋と大垣の間、中央線は名古屋と中津川の間の上下線で通常より本数を減らして運転しています。

関連記事