ニュース

  • ニュース一覧
  • 被害数十億円か 詐欺に使う電話番号を提供疑い、岐阜県警が供給会社代表らを逮捕

被害数十億円か 詐欺に使う電話番号を提供疑い、岐阜県警が供給会社代表らを逮捕

特殊詐欺グループに電話番号を提供して犯行を手助けしたとして、県警は電話番号を供給...
押収されたパソコンや資料=20日午後、岐阜南警察署

 特殊詐欺グループに電話番号を提供して犯行を手助けしたとして、県警は電話番号を供給する東京の会社の実質的経営者ら9人を逮捕しました。

 提供した番号を使った詐欺被害は全国で数十億円にのぼるとみられます。

 電子計算機使用詐欺ほう助の疑いで県警と警視庁に逮捕されたのは、東京都の電話番号供給会社「アシストライズ」の実質的経営者の51歳の男と代表の55歳の男、またその関係者ら7人です。

 県警によりますと、この会社は大手通信事業者と約2500件の電話番号を契約し、再販する会社を装って約2000件を詐欺グループに提供していた疑いがもたれています。

 2021年、岐南町の女性が49万円をだまし取られた事件の捜査で、かかってきた番号がこの会社の番号だったことが分かり、警察が捜査していました。

 この会社は詐欺に悪用される電話番号の供給会社としては国内最大の規模とされ、警察は全容解明を急いでいます。

関連記事