ニュース

  • ニュース一覧
  • 大型の台風14号 岐阜県内20日明け方まで警戒を

大型の台風14号 岐阜県内20日明け方まで警戒を

 大型の台風14号は、19日遅くから20日明け方にかけて岐阜県内に最も接近する見込みで、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、暴風に警戒するよう呼び掛けています。また、19日夜から20日午前中にかけて東海地方に線状降水帯が発生して、大雨災害の危険度が急激に高まるおそれがあるといい、警戒を呼び掛けています。


 岐阜県内は台風の周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっているため、20日朝にかけて雷を伴った激しい雨や、非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。また、台風の接近に伴って20日にかけて強い風が吹く見込みです。


 19日に予想される1時間に降る雨の量はいずれも多い所で、美濃地方・飛騨地方ともに50ミリ。20日に予想される1時間に降る雨の量はいずれも多い所で、美濃地方・飛騨地方ともに70ミリとなっています。

 また、20日午前6時までの24時間に降る雨の量はいずれも多い所で、美濃地方で300ミリ、飛騨地方で250ミリ。その後、21日午前6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多い所で、美濃地方、飛騨地方ともに50ミリから100ミリと予想されています。

 19日と20日に予想される最大風速は美濃地方、飛騨地方ともに17メートル、最大瞬間風速は30メートルとなっています。


 岐阜地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、暴風に警戒し、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに注意するよう呼び掛けています。


 一方、台風の接近に伴い、JR東海は19日、県内にかかる路線でも計画運休を行います。

 東海道線は豊橋から米原の間、中央線は名古屋から塩尻の間で上下線とも午後6時ごろから終日、運転を見合わせ。また、高山線は岐阜から猪谷の間、太多線は多治見から美濃太田の間で上下線とも午後3時ごろから終日運転を見合わせます。


 さらに中日本高速道路は20日午前0時以降、東海北陸自動車道の郡上八幡ICから飛騨清見ICの間、東海環状自動車道の関広見ICから山県ICの間の上下線で、それぞれ通行止めを予想しています。

関連記事