ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県重要無形民俗文化財「伏屋の獅子芝居」披露 岐阜県岐南町 

岐阜県重要無形民俗文化財「伏屋の獅子芝居」披露 岐阜県岐南町 

羽島郡岐南町の県重要無形民俗文化財「伏屋の獅子芝居」の公演が18日、町内で行われ...
伏屋の獅子芝居を演じる役者=18日午後、岐南町伏屋、岐南町伏屋獅子舞会館

 羽島郡岐南町の県重要無形民俗文化財「伏屋の獅子芝居」の公演が18日、町内で行われ、地元の人たちが郷土の伝統芸能を堪能しました。

 伏屋の獅子芝居は、江戸時代後期から地元の白山神社の祭礼で奉納されてきた伝統芸能です。

 獅子が雌であることや、獅子舞を用いて歌舞伎などの外題を演じる獅子芝居は珍しいということです。

 18日は、岐南町伏屋獅子舞会館で地芝居公演が開かれ、町内外から約100人が詰めかけました。

 演目は「傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段」で、伏屋獅子舞保存会の会員が情感たっぷりに披露しました。

※小島英雄町長
 「感無量でございます。やはり獅子舞を町民の皆様、あるいは町内外の人に見ていただくことが大変有意義なことだと思っておりますので、今後ともしっかりと続けていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

 公演の模様は後日、動画投稿サイト「ユーチューブ」の岐南町公式チャンネルでも配信される予定です。

関連記事