ニュース

夏の風物詩「郡上おどり」を岐阜市で

奥美濃の夏の風物詩「郡上おどり」を再び楽しむイベントが17日、岐阜市で行われ多く...
夏の風物詩「郡上おどり」を岐阜市で再び=17日午後、ぎふメディアコスモスみんなの広場

 奥美濃の夏の風物詩「郡上おどり」を再び楽しむイベントが17日、岐阜市で行われ多くの人でにぎわいました。

 ことし3年ぶりに開催された「郡上おどり」。

 最終夜には名残を惜しむ約4200人が下駄を鳴らしました。

 このイベントは、岐阜市のイベント運営会社が普段はなかなか参加できない人たちにも楽しんでもらおうと日中に企画しました。

 17日は岐阜市のぎふメディアコスモスのみんなの広場で、午後1時から郡上おどり保存会による「春駒」や「かわさき」などのおなじみのおはやしにあわせ、郡上から駆け付けた人や浴衣を着た家族連れなどが踊りの輪を広げました。

 イベントは夕方まで行われ、郡上おどりファンらがことしの夏を思い出しながら踊りを堪能していました。

関連記事