ニュース

  • ニュース一覧
  • 台風14号 岐阜県に最も接近するのは19日夜から20日午前中の見込み

台風14号 岐阜県に最も接近するのは19日夜から20日午前中の見込み

 大型で非常に強い台風14号は日本の南を西寄りに進んでいます。台風が岐阜県へ最も接近するのは19日夜から20日午前中の見込みです。

 台風の影響で県内は18日から20日ごろにかけて荒れた天気となる見込みで、気象台では暴風に警戒するとともに土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するよう呼び掛けています。

 大型で非常に強い台風14号は、16日午後9時には南大東島の東南東約370キロの海上を1時間に約15キロの速さで北西へ進んでいます。

 中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、中心から半径185キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

 県内では台風の北上にともなって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となるため、18日から20日ごろにかけて大雨となるところがある見込みです。

 また、19日から20日ごろにかけて台風の接近により、警報級の強い風が吹く所がある見込みです。

 台風の進路や発達の程度によっては広い範囲で警報級の大雨となる可能性があります。

 17日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多いところで美濃地方・飛騨地方ともに40ミリ。その後、17日午後6時から18日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多いところで美濃地方で100ミリから150ミリ、飛騨地方で50ミリから100ミリの見込みです。

 岐阜地方気象台は、暴風に警戒するとともに土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するよう呼び掛けています。

関連記事