ニュース

  • ニュース一覧
  • 歩道走れるスクーター 岐阜県でも取扱い始まる 高齢者の生活の足として注目

歩道走れるスクーター 岐阜県でも取扱い始まる 高齢者の生活の足として注目

歩道を走ることのできる電動式のスクーターの販売が、13日から岐阜県内で始まりまし...
高齢者向けスクーター「WHILL Model S」=13日午後、羽島郡岐南町上印食、ホンダカーズ岐阜

 歩道を走ることのできる電動式のスクーターの販売が、13日から岐阜県内で始まりました。運転免許を自主返納した高齢者の新たな生活の足として、注目を集めそうです。

 このスクーターは、高齢者向けの乗り物などを販売する「WHILL(ウィル)」社が開発した「WHILL ModelS」で、ホンダカーズ岐阜が取り扱いを始めました。

 バッテリー式で最高速度は時速6キロ、フル充電での走行可能距離は33キロ、使用中は歩行者扱いとなるため、免許は不要で歩道を走行します。

 操作はアクセルレバーを握れば前進、手を離せばその場でブレーキがかかる仕組みで、免許を自主返納した高齢者の新たな移動手段として期待されています。

 ホンダカーズ岐阜の西谷隆志社長は「高齢者の生活の可能性を広げるお手伝いができれば」と話しています。

関連記事