ニュース

留置中の男自殺か 岐阜北署

 11日未明、岐阜北警察署の留置施設内で、勾留中の30代の男が首をつっているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 警察は男が自殺を図ったとみて詳しく調べています。

 県警によりますと、11日午前2時45分ごろ、岐阜北警察署の留置施設の一室に単独で勾留されていた30代の男が、身に着けていたトレーナーとズボンを結んでトイレのドアに引っ掛け、首をつっているのを巡回中の署員が発見しました。

 男は意識不明の状態で病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。

 県警によりますと、発見の約20分前に署員が巡回した際には異常はなく、現時点で遺書は見つかっていないということです。

 男は窃盗や覚せい剤取締法違反の疑いでこれまでに3回逮捕、いずれも起訴されていました。

 県警留置管理課の石川直和課長は「重く受け止め、再発防止に向け調査を徹底する」とコメントしています。

関連記事