ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣ミナモ白星発進ならず 女子ソフトボール JDリーグ

大垣ミナモ白星発進ならず 女子ソフトボール JDリーグ

 女子ソフトボールのトップリーグ、ニトリJDリーグの第12節、岐阜ラウンドが4日、岐阜市で開催され、大垣ミナモはビックカメラ高崎に0対2で惜しくも敗れました。

 岐阜市の長良川球場で初開催となったリーグ戦で、大垣ミナモは、浅井が先発マウンドに立ちます。

 浅井は、高崎の先頭バッター、市口にいきなりヒットを許す苦しい立ち上がり。

 さらに、続くバッターにフォアボールを与えて、1アウト1・3塁のピンチを迎えます。

 しかし、4番藤田の鋭い当たりを内野陣がダブルプレー。

 浅井は守備に助けられ、先制のピンチを切り抜けます。

 一方、高崎の先発は、多治見西高校出身の勝股。

 初回は外野フライと三振で、大垣ミナモ打線を三者凡退に打ち取り、上々の立ち上がり。

 2回表も高崎は大垣ミナモを攻め立て、6番山内の打球が右中間を抜けて2ベースヒット。

続く、炭谷の当たりはぐんぐん伸び、フェンスを越えて、2ランホームラン。 

 高崎に2点を先制されてしまいます。

 大垣ミナモは3回に、中山がマウンドを引き継ぎ、日本代表選手を多数擁する高崎の強力打線を粘りのピッチングで耐えます。

 4回裏には、高崎の勝股と同じく多治見西高校出身の大垣ミナモの4番田立がセンター前ヒットで出塁。

 田立が先輩の意地を見せる場面も。地元の声援に応えたい大垣ミナモでしたが、高崎の勝股が圧巻のピッチングで完封。

 大垣ミナモは高崎に0対2で敗れ、岐阜ラウンドの初戦を勝利で飾ることはできませんでした。

 ニトリJDリーグ12節、岐阜ラウンドは5日も開催され、大垣ミナモは午後6時30分から戸田中央と対戦します。

関連記事