ニュース

  • ニュース一覧
  • 古田岐阜県知事「全数把握は継続」新型コロナ全国知事会ウェブ会議 

古田岐阜県知事「全数把握は継続」新型コロナ全国知事会ウェブ会議 

新型コロナウイルス対策の全国知事会は1日、オンラインで開き岐阜県の古田肇知事は感...
全国知事会ウェブ会議で発言する古田知事=1日午後、岐阜市長良、岐阜グランドホテル

 新型コロナウイルス対策の全国知事会は1日、オンラインで開き岐阜県の古田肇知事は感染者の全数把握について、届け出項目を減らした上で継続する考えを表明しました。

※古田肇知事
 「本県では、医療機関から保健所へ報告する発生届け出の項目を思い切って削減した上で、今後も全数把握を継続するという方針で臨みたい。あす、最小限の発生届け出項目を特定した上で最終方針を決定する」

 古田知事は全数把握を続ける理由について、届け出対象外となった人が陽性者かどうか確認できないことをあげました。

 さらに効果的な感染対策を講じることが困難になることや、仕組みを変更すると不安が生じ相談業務の増加も懸念されると訴えました。

 また、政府が小児のワクチン接種を努力義務化しようとしていることについて、県内の小児の2回目接種は対象者の2割にとどまっていることなどからワクチンに関してより丁寧な説明を求めました。

関連記事