ニュース

  • ニュース一覧
  • 中京、サヨナラで最多11回目の優勝 全国高校軟式野球選手権大会 あべの翔学破る

中京、サヨナラで最多11回目の優勝 全国高校軟式野球選手権大会 あべの翔学破る

 第67回全国高校軟式野球選手権大会は29日、兵庫・明石トーカロ球場で決勝戦が行われ、東海地区代表・岐阜の中京が大阪のあべの翔学に4対3でサヨナラ勝ちし3年ぶり11回目の優勝を飾りました。優勝11回は全国最多です。

 2回に2点を先制された中京は4回裏1アウト満塁から8番酒井のライトゴロの間に1点を返して1点差とし、7回裏には押し出しで同点、さらに5番嶌田の叩きのショートゴロで3対2と勝ち越しました。中京は8回表に押し出しで3対3の同点とされたものの、9回裏2アウト2塁から6番藤村の左中間へのタイムリーヒットで4対3でサヨナラ勝ちし、3年ぶり11回目の優勝を飾りました。中京は先発エースの谷本が3回に1球を投げて降板し、スクランブル登板となった2番手松井がテンポのいい粘りのピッチングで3回以降あべの翔学打線を1失点に抑え、最終回のサヨナラに繋ぎました。

 あべの翔学020000010 │3
 中   京000100201x│4
(※中京は3年ぶり11回目の優勝)

 ※伊佐次主将とサヨナラヒットの藤村はともに「去年0対1で作新学院に敗れ準優勝に終わった悔しさを忘れず1年頑張った成果です」と喜びを語りました。

関連記事