ニュース

  • ニュース一覧
  • 通行止めが続く川島大橋の仮橋開通式 岐阜県各務原市 

通行止めが続く川島大橋の仮橋開通式 岐阜県各務原市 

2021年5月の大雨の影響で橋脚が傾き、通行止めが続く各務原市の川島大橋の歩行者...
開通した川島大橋仮橋を歩く園児ら=26日午前、各務原市川島北山町

 2021年5月の大雨の影響で橋脚が傾き、通行止めが続く各務原市の川島大橋の歩行者用仮橋の開通式が26日、行われました。

 仮橋は川島大橋から下流に約300メートルの場所で、全長400メートル、幅4メートルです。

 26日行われた開通式には、関係者や地元の園児ら約60人が参加しました。

 川島小学校の児童らがお礼の作文を読み上げたほか、園児らが手作りの「ありがとう」の幕を披露し、工事関係者に感謝状を贈りました。

 カウントダウンの後、園児らが仮橋を元気よく渡り初めしました。

 仮橋は歩行者と自転車のみ通行可能で、これまで通学路の迂回を余儀なくされていた川島小中学校の児童生徒約50人が通学路として利用するということです。

 川島大橋の改修工事は2028年の完了を目指しています。

関連記事