ニュース

  • ニュース一覧
  • プラごみが環境に与える影響学ぶ 海と日本プロジェクトin岐阜県

プラごみが環境に与える影響学ぶ 海と日本プロジェクトin岐阜県

プラスチックごみが自然界に与える影響を海なし県の岐阜で考えるイベントがきょう、各...
海洋ごみについて学ぶイベント=25日午前、各務原市川島笠田町、河川環境楽園

 プラスチックごみが自然界に与える影響を海なし県の岐阜で考えるイベントがきょう、各務原市で行われました。

 プラスチックの海洋ごみが自然に与える影響を親子で知ってもらおうと、県とぎふチャンなどでつくる海と日本プロジェクトin岐阜県実行委員会が開いたイベントには、約10人が参加しました。

 河川環境楽園 自然発見館の指導員水谷理乃さんは、岐阜など内陸県からも川を通じてたくさんのプラスチックごみが海に流れ着き、魚や鳥などがそのプラスチックを食べてしまうと説明。プラスチックごみと 上手に付き合うよう呼び掛けました。

 親子らは川原のごみを観察し、ゲームを通じてプラスチックが生き物に与える影響も学びました。

※参加した児童
 「お魚さんがビニールを食べて、お腹の中にずっとあることが分かりました。プラスチックごみを減らしていきたいです」

関連記事