ニュース

岐阜県内の児童生徒数 37年連続で減少

岐阜県内の2022年度の児童生徒数は計20万4315人で、過去最少を更新したこと...

 岐阜県内の2022年度の児童生徒数は計20万4315人で、過去最少を更新したことが文部科学省の調査で分かりました。

 文科省が24日公表した速報値によりますと、県内の小中学校、義務教育学校それに高校の児童生徒数は、2022年度は2021年度から3835人減って、計20万4315人となり、過去最少となりました。

 1985年度の39万1525人をピークに37年連続で減少しています。

 児童生徒の内訳は小学校が10万28人、中学校が5万3594人、義務教育学校が1258人、高校が4万9435人です。

 なお、学校数は小中学校、義務教育学校、高校計627校で、前の年度より4校減りました。

関連記事