ニュース

幻のモモ「蟠桃」の収穫始まる 岐阜県高山市

「幻のモモ」と言われる「蟠桃(ばんとう)」の収穫作業が高山市の果樹園で始まりまし...
収穫が始まった蟠桃=23日午前、高山市

 「幻のモモ」と言われる「蟠桃(ばんとう)」の収穫作業が高山市の果樹園で始まりました。

 蟠桃は中国原産の平らなモモで、病害虫や雨などに弱く栽培が難しいものの、強い香りと濃厚な甘さが特長です。

 食べると不老不死になるという伝説もあり、小説「西遊記」の孫悟空が食べたとされています。

 高山市江名子町にある樋口果樹園では約30年前から栽培していて23日は、8センチほどの大きさに育った桃を一つずつ丁寧に収穫していました。

 果樹園を経営する樋口義孝さんによりますと、2022年は霜や雨の被害が少なく天候にも恵まれたことから上々の出来ということです。

※樋口果樹園 樋口義孝さん 
 「天候が良かったせいか、昨年より甘みが強くて大変美味しいと思います。」

 収穫は9月半ばまで続き直売所や宅配などで販売しています。

関連記事