ニュース

  • ニュース一覧
  • 滑落男性に5日間付き添い救助 岐阜県警山岳警備隊員ら 北ア3000メートルで

滑落男性に5日間付き添い救助 岐阜県警山岳警備隊員ら 北ア3000メートルで

 8月15日、北アルプスの高山市側で下山中だった男性が滑落する事故があり、5日後の19日、無事救助されました。

 その間、県警警備隊員らが現場で動けなかった男性に付き添っていました。

 8月15日午前9時ごろ、高山市奥飛騨温泉郷神坂にある北アルプス奥穂高岳と西穂高岳の間にある「ジャンダルム」と呼ばれる岩場の近くで、奈良県大和郡山市から1人で来た団体職員の56歳の男性が足を踏み外して、約30メートル滑落しました。

 男性は「両足にけがをして動けなくなった」と自ら119番しましたが、悪天候で県警のヘリコプターは出動できなかったため、県警と民間の山岳警備隊員らが現場に入って男性を保護し、危険のない岩場に引き上げてテントを張って救助を待ちました。

 天候の回復を待ってようやく19日午前、県警のヘリコプターで男性を救助しましたが、この間、延べ12人の警備隊員らが交代で食料を運んで男性に付き添い続けたということです。

 警察によりますと、男性は足や胸を骨折しましたが、命に別条はありませんでした。

 男性らが救助を待った場所は標高約3000メートルで風が強く、昼間の気温も10度前後だったということです。

関連記事