ニュース

  • ニュース一覧
  • 歩行者用仮橋の開通前に合同点検 岐阜県各務原市の川島大橋  

歩行者用仮橋の開通前に合同点検 岐阜県各務原市の川島大橋  

2021年5月の大雨の影響で橋脚が傾き通行止めが続く各務原市の川島大橋について、...
合同点検が行われた仮橋=18日午前、各務原市川島北山町

 2021年5月の大雨の影響で橋脚が傾き通行止めが続く各務原市の川島大橋について、歩行者用仮橋の開通を前に18日、合同点検が行われました。

 この合同点検は、児童生徒の通学路の安全を確保する「通学路合同安全点検」の一環で、川島大橋の歩行者用仮橋の開通に合わせ行われました。

 仮橋は川島大橋から下流に約300メートルの場所で全長400メートル、幅は4メートルです。

 仮橋の開通により川島大橋の通行止めで通学路のう回を余儀なくされた周辺の小中学生が、徒歩や自転車で川を渡れるようになります。

 18日は児童や生徒が仮橋を利用する新たな通学路を各務原市の担当者ら7人が歩き、通学路の危険個所や仮橋の安全性などを確認しました。

 歩行者用仮橋は8月26日に開通する予定です。

関連記事