ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜の食材で創作料理コンクール 栁瀬さん「ぎふの味・伝承名人」に

岐阜の食材で創作料理コンクール 栁瀬さん「ぎふの味・伝承名人」に

岐阜県産の食材を生かす優れた料理人を選ぶ「ぎふの味・伝承名人認定コンクール」が1...
料理を作る参加者=17日午前、岐阜市細畑、城南高校

 岐阜県産の食材を生かす優れた料理人を選ぶ「ぎふの味・伝承名人認定コンクール」が17日、岐阜市で開かれました。

 コンクールは県調理師連合会が毎年開催しているもので、2022年で22回目です。

 今回は、2021年度に開催されたさまざまな調理技術コンクールで上位に入賞した県内の料理人8人が出場し、県産の鮎をメインに使った料理に挑みます。

 あじめコショウや十六ささげといった「飛騨・美濃伝統野菜」を2品以上使うことも条件で、調理技術や盛り付け、衛生管理など5項目で審査されます。

 参加者たちは真剣な表情で、素材を引き立てる独自のメニューを手際よく調理していました。

審査の結果、都ホテル岐阜長良川の栁瀬華奈(やなせ・はるな)さんが新たに、県の「ぎふの味・伝承名人」に認定されました。名人に認定されたのは40人目です。

関連記事