ニュース

  • ニュース一覧
  • 出土した土器に親子で触れる 岐阜県文化財保護センター

出土した土器に親子で触れる 岐阜県文化財保護センター

県内の遺跡から出土した土器を親子で見て触れる体験がきょう、岐阜市の県文化財保護セ...
参加した親子=17日午前、岐阜市三田洞東、岐阜県文化財保護センター

 県内の遺跡から出土した土器を親子で見て触れる体験がきょう、岐阜市の県文化財保護センターで行われました。

 「バックヤードツアー」と銘打った体験会は、通常は見たり触れたりできない土器に興味を持ってもらおうと毎年行われています。

 午前の部には3家族10人が参加し、展示されている土器のほか、出土した土器の破片をつなぎあわせて復元する作業を見学しました。

 また、縄文土器の破片に貼り付けた紙に墨を塗り、模様を写す「拓本(たくほん)作業」にも挑戦。紙が破れないよう慎重に墨を塗りながら、オリジナルの拓本を作りました。

※参加者
 「楽しかった」
 「いつもやらないような作業だけど、やってみて楽しい」

関連記事