ニュース

  • ニュース一覧
  • 鮮やかな赤や黄 「飛騨パプリカ」収穫ピーク 岐阜県高山市

鮮やかな赤や黄 「飛騨パプリカ」収穫ピーク 岐阜県高山市

鮮やかな赤や黄に色づいた「飛騨パプリカ」の収穫が、高山市で最盛期を迎えています。...
収穫された飛騨パプリカ=8日午前、高山市上宝町蔵柱、アルプス農場

 鮮やかな赤や黄に色づいた「飛騨パプリカ」の収穫が、高山市で最盛期を迎えています。

 飛騨地域で7軒の農家が栽培するパプリカは、昼と夜の寒暖差が生み出す甘さと大きく肉厚なのが特徴で、ブランド野菜として人気があります。

 高山市上宝町の標高約700メートルにあるアルプス農場のハウスでは、7月20日から直径10センチほどに育ったパプリカの収穫が始まり、色づいた大振りの実をひとつひとつ丁寧に切り取っていました。

※アルプス農場 大西洋介代表取締役
 「ことしは天候に恵まれ、甘いパプリカが出来上がりましたので、ぜひ皆さん食べてみてください」

 11月末までに7軒の農家から計約80トンの出荷を見込んでいて、岐阜市近郊のスーパーなどで販売されます。

関連記事