ニュース

  • ニュース一覧
  • ニセ電話詐欺で岐阜市の女性が電子マネーと現金計1760万円騙しとられる

ニセ電話詐欺で岐阜市の女性が電子マネーと現金計1760万円騙しとられる

2022年5月から6月にかけて岐阜市の66歳の女性がニセ電話詐欺の被害に遭い、電...

 2022年5月から6月にかけて岐阜市の66歳の女性がニセ電話詐欺の被害に遭い、電子マネーと現金計1760万円を騙しとられました。

 警察によりますと2022年5月12日、岐阜市に住む66歳の女性のスマートフォンに「携帯電話利用停止」のメールが届き、記載されていた電話番号に連絡すると男が「サイトの利用料金が未納のため訴訟の準備をする」と話し、女性に電子マネーを買ってコード番号を教えるよう指示し、購入した約160万円分の電子マネーを騙し取られました。

 その後、「被害者のスマートフォンからウイルスが発信され、不特定多数の人のパソコンやスマホがウイルスに感染している。弁済金を支払う必要がある」などと電話があり、女性は宅配便で4回にわたり現金計1600万円を送ったということです。

 警察はニセ電話詐欺事件として捜査するとともに、宅配便で現金を送るなどの指示があった場合、詐欺の可能性があるとしてすぐ警察に通報するよう呼び掛けています。

関連記事