ニュース

  • ニュース一覧
  • 器械体操の上達法伝授 ロス五輪銅メダリスト 山脇恭二さんによる教室 岐阜大学

器械体操の上達法伝授 ロス五輪銅メダリスト 山脇恭二さんによる教室 岐阜大学

ロサンゼルス五輪・体操男子団体総合の銅メダリストで、岐阜大学の山脇恭二教授による...
山脇恭二さんから指導を受ける児童=7日午前、岐阜市柳戸、岐阜大学

 ロサンゼルス五輪・体操男子団体総合の銅メダリストで、岐阜大学の山脇恭二教授による体操教室「体操(からだあやつ)り教室」が7日、岐阜大学で行われ、子どもたちが鉄棒や跳び箱など器械体操の上達法を学びました。

 この教室は、器械運動に苦手意識をもっている小学生を対象に、夏休み期間中、6日間の日程で開かれています。

 7日は市内の児童約50人が参加し、山脇教授や教え子の教員から鉄棒の逆上がりや跳び箱の開脚跳びについて学びました。

 鉄棒の逆上がりでは、踏み切りと回転の仕方について、上半身と下半身の連動を意識したユニークな練習法を取り入れ、子どもたちは、生き生きとした表情で取り組んでいました。

※教室に参加した女子児童
 「先生に、頭を後ろにやったら、一瞬でくるって回れるよって言われたので、それをいかしながらやったら上手に回れたのでうれしかった」

関連記事