ニュース

  • ニュース一覧
  • 決勝は中京対桜丘の4大会連続同一校対決 第67回全国高校軟式野球選手権東海大会

決勝は中京対桜丘の4大会連続同一校対決 第67回全国高校軟式野球選手権東海大会

 第67回全国高校軟式野球選手権東海大会2日目の5日、中津川市夜明け前スタジアムで準決勝が行われ、中京(岐阜)と桜丘(愛知)が6日の決勝進出を決めました。両校の決勝対決は4大会連続。

 準決勝第1試合で、中京は2回に4点を先制して試合の主導権を握り、谷本、松井の継投で三重の高田を9対1で下しました。

中京(岐阜)041001003│9
高田(三重)010000000│1

 準決勝第2試合は桜丘が初回に1点を先制し、5回表に静岡商業に同点に追いつかれたものの、その裏桜丘が勝ち越し、彦坂、杉野の投手リレーでそのまま2対1で逃げ切りました。

静岡商(静岡)000010000│1
桜丘(愛知) 10001000✕│2

 中京対桜丘の4大会連続の同一校による決勝対決は6日午前10時から中津川夜明け前スタジアムで行われます。

※決勝63回大会 中京8対0桜丘
   64回大会 中京2対0桜丘
   65回大会 (中止)
   66回大会 中京10対3桜丘
   67回大会 中京?対?桜丘 

 ※中京は去年の第66回全国大会で大会史上初の4連覇を逃したものの、今大会5大会連続25度目の全国大会出場、2年ぶり11回目の全国制覇、王座奪回を目指します。

関連記事