ニュース

岐阜県産トマト3種類を食べ比べ

トマトの消費拡大を目指そうと、岐阜県産トマトを食べ比べるイベントが各務原市で行わ...
トマトを食べ比べる参加者=2日夜、各務原市那加雲雀町、KAKAMIGAHARA STAND

 トマトの消費拡大を目指そうと、岐阜県産トマトを食べ比べるイベントが各務原市で行われました。

 甘みと酸味のバランスがとれた飛騨地域の「麗月」、コクのある甘みと酸味が特徴の東濃地域の「麗夏」、ジューシーな中濃地域の「桃太郎」。

 JA全農岐阜などが初めて企画したイベントには、県内で採れた3種類が用意され、参加した8人がまずは生のまま食べ比べました。

 その後、大垣市のイタリアンシェフが冷製トマトソースパスタの作り方を紹介。

 参加者は、みずみずしい岐阜のトマトを堪能していました。

関連記事