ニュース

FC岐阜、ガイナーレ鳥取に0対4で完封負け

 サッカーJ3のFC岐阜は第19節の30日、アウェイ(Axisバードスタジアム)でガイナーレ鳥取と対戦し、0対4の完封負けで今季8敗目を喫しました。暫定順位は9位のままです。

FC岐阜はスタメンに前節から1人入れ替え、フレイレに替えてスリーバックに3試合ぶりに小山を起用しました。

9位の岐阜と17位の鳥取の試合は今季ホーム初白星を目指す鳥取が立ち上がりから積極的にゴールを狙い、前半14分に元岐阜の石川が先制ゴールを決め、さらに36分には新井が左サイドからミドルシュートを決め、鳥取が前半を2対0とリードして折り返しました。

後半に入っても積極的にシュートを放つ鳥取に対し岐阜はボールをキープするもののシュートまで持ち込めず、逆に後半22分高卒ルーキー高尾に初スタメン初ゴールを許し、終了間際のアデイショナルタイムには新井にペナルテイーエリアの外からこの試合2点目のゴールを決められ、0対4の完封負けを喫しました。シュート数は岐阜が4本、鳥取が11本でした。岐阜は連勝を逃すとともに8勝3分8敗と勝ち数と負け数が並び、得点29、失点30と得失点差でも失点が上回りました。19節初日を終えて暫定順位は9位のままです。

FC岐阜 0(0-2、0-2)4 鳥取

次節第20節は8月14日、アウェイで今季15節で0対5で敗れているFC今治との対戦です。

関連記事