ニュース

  • ニュース一覧
  • 主将ら抱負 準決勝対戦カード決定 夏の高校野球岐阜大会 

主将ら抱負 準決勝対戦カード決定 夏の高校野球岐阜大会 

夏の高校野球岐阜大会は25日、岐阜市内で準決勝の組み合わせを決める2次抽選が行わ...
準決勝に勝ち上がった4校の主将ら=25日午前、岐阜市内

 夏の高校野球岐阜大会は25日、岐阜市内で準決勝の組み合わせを決める2次抽選が行われ、対戦カードが決まりました。

 25日の2次抽選にはベスト4に進んだ岐阜第一、県立岐阜商業、帝京大可児、中京の主将と責任教師らが出席。

 抽選の結果、準決勝の第1試合は県立岐阜商業vs岐阜第一、第2試合は中京vs帝京大可児と決まりました。

※県立岐阜商業 伊藤颯希主将
 「去年夏(甲子園)に出ているが甲子園で一勝もできてないので、甲子園に出て、全国制覇したいと思います」

※岐阜第一 丹羽淳大選手
 「今まで甲子園出場を目指してやってきたので、39年ぶりの優勝に向けて頑張っていきたいと思います」    

※帝京大可児 安積杏汰主将
 「自分たちは守りのチームなので守備をしっかりやっていって、少ないチャンスを活かして勝ち切りたいと思います」

※中京 古屋睦仁主将
 「去年の夏は悔しい思いもしていますし、春の辞退も自分たちの財産になっているのでしっかりそれを結果で返せるように夏、必ず優勝して甲子園に行きたいと思います」

 大会は長良川球場で26日に準決勝、28日に決勝が行われる予定で、ことしの岐阜県代表が決まります。

関連記事