ニュース

夏の高校野球岐阜大会 準決勝以降の対戦決まる

夏の高校野球岐阜大会は25日、岐阜市内で準決勝以降の組み合わせを決める2次抽選が...

 夏の高校野球岐阜大会は25日、岐阜市内で準決勝以降の組み合わせを決める2次抽選が行われ、対戦カードが決まりました。

 2次抽選にはベスト4に進んだ岐阜第一、県立岐阜商業、帝京大可児、中京の主将と責任教師らが出席しました。

 抽選の結果、準決勝の対戦カードは第1試合が県岐阜商対岐阜第一、第2試合が中京対帝京大可児と決まりました。

 岐阜第一は39年ぶり3回目、県立岐阜商業は2年連続30回目、帝京大可児は初、中京は3年ぶり8回目の甲子園出場を目指します。

 大会は岐阜市の長良川球場で26日に準決勝、28日に決勝が行われ、今年の岐阜県代表が決まります。

関連記事