ニュース

  • ニュース一覧
  • 飛騨の3警察署がラッピングバスで交通安全呼び掛け

飛騨の3警察署がラッピングバスで交通安全呼び掛け

夏の交通安全県民運動に合わせて岐阜県飛騨地域の3つの警察署がそろって18日、高山...
交通安全を呼び掛けるラッピングバス=18日午前10時、高山市久々野町、道の駅「飛騨街道なぎさ」

 夏の交通安全県民運動に合わせて岐阜県飛騨地域の3つの警察署がそろって18日、高山市の道の駅でラッピングバスを活用して交通安全を呼び掛けました。

 高山市久々野町にある道の駅「飛騨街道なぎさ」には、高山・下呂・飛騨の3警察署それぞれのマスコットキャラクターが交通安全を呼びかけるラッピングバス3台が集結。

 3署の署員やバス会社などの約30人が、利用客に啓発チラシが入った小型扇風機を手渡したり、特産のトマトジュースを 振る舞ったりしながら、交通安全を呼びかけました。

※高山署 今村正彦交通課長
 「行楽シーズンということで、皆さま、お出掛けになると思いますが、遠出の際は、こまめに休憩をとっていただいて交通事故に気を付けて頂きたい」

 警察によりますと県内では2022年、交通事故で17日までに2021年の同じ時期より1人多い33人が亡くなっています。

関連記事