ニュース

岐阜県がDX推進のワンストップ支援窓口設置

岐阜県は5日DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進をワンストップで支援す...

岐阜県は5日DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進をワンストップで支援する窓口、「ぎふDX支援センター」を県庁内に設置しました。

ぎふDX支援センターは県庁のデジタル推進局内に設置され、古田肇知事と松島桂樹センター長が看板を取り付けました。

センターは職員や専門家ら約50人体制でIT企業などとも連携しながら市町村や中小企業のデジタル化に関する相談に応じます。

会見で古田知事は、次のように設置の狙いを述べました。

※古田肇知事
 「アフターコロナの一つの大きな発展の原動力となるツール。誰一人取り残されないⅮ✕、デジタル社会を目指す」

デジタル化をめぐっては規模や事情が異なる県内の自治体での導入が課題となっていて介護福祉や公共交通、観光など各分野での活用により住民サービスの向上を図るということです。

関連記事