ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内は引き続き土砂災害や低い土地の浸水などに注意

岐阜県内は引き続き土砂災害や低い土地の浸水などに注意

台風4号は5日午前に温帯低気圧に変わりましたが、岐阜県ではこれまでの雨により地盤...

 台風4号は5日午前に温帯低気圧に変わりましたが、岐阜県ではこれまでの雨により地盤の緩んでいる所があります。

 岐阜地方気象台は、土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒するよう呼び掛けています。

 西日本には台風4号から変わった低気圧があって、東に進んでいます。

 6日にかけて西日本から東日本の太平洋側に進むため、岐阜県は6日夜遅くにかけて大気の状態が不安定となる見込みです。

 降り始めから5日午後5時までに降った雨の量は、郡上市ひるがので174・5ミリ、飛騨市河合で159ミリ、白川村で130・5ミリなどとなっています。

 これまで降った雨により4日、恵那市武並町で床下浸水が1戸確認されました。

 6日に予想される1時間降水量はいずれも多い所で、美濃地方、飛騨地方ともに30ミリ、6日午後6時までの24時間降水量はいずれも多い所で、美濃地方、飛騨地方ともに60ミリと予想されています。

岐阜地方気象台は、土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒するよう呼び掛けています。

関連記事