ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県議会6月定例会閉会 原油高対策の補正予算案など可決

岐阜県議会6月定例会閉会 原油高対策の補正予算案など可決

県議会6月定例会は30日、原油高や物価高騰に対応する今年度一般会計補正予算案など...

 県議会6月定例会は30日、原油高や物価高騰に対応する今年度一般会計補正予算案など計25議案を可決し、閉会しました。

 総額約167億円の一般会計補正予算には、原油高や物価高騰の影響を受ける事業者などへの支援策が盛り込まれています。

 地場産業の事業者に一律10万円を支給する事業には、8億5000万円を充てます。

 また、平木省副知事が30日に退任したことに伴い、後任の副知事に総務省政党助成室長の大森康宏氏48歳を充てる選任同意案が上程され、可決しました。

 このほか新型コロナやウクライナ情勢を受けて、肥料などの価格高騰への緊急対策を国に求める意見書が議員提出され、全会一致で可決しました。

関連記事