ニュース

  • ニュース一覧
  • 「梅雨の実感なかった」東海地方梅雨明け 過去2番目の早さ

「梅雨の実感なかった」東海地方梅雨明け 過去2番目の早さ

気象庁は27日、東海地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。過去2番目に早い...

 気象庁は27日、東海地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。過去2番目に早い梅雨明けです。

 東海地方の梅雨明けは平年に比べ22日早く、去年に比べ20日早くなりました。 

 6月中の梅雨明けは1963年の6月22日以来2例目です。

※街の人は
 「きょうはちょっと耐えられないぐらい暑いなって思いました。梅雨ってあんまり実感が湧かなかったというか、そんな感じでした」   「始まったと思ったらすぐ終わっちゃうみたいな。私、クーラーの部屋から夏は出ないようにしています」

 梅雨の期間は、今月14日の梅雨入りから13日間で統計のある1951年以降、最短です。

 また、期間中の雨量は岐阜で53ミリ、高山で45ミリと、平年の同じ時期のおよそ44%から50%となっています。

 なお向こう1週間は高気圧に覆われて晴れる日が多く、厳しい暑さとなる見込みです。

関連記事