ニュース

  • ニュース一覧
  • 遊覧船の浸水を想定し訓練 岐阜県恵那市の木曽川

遊覧船の浸水を想定し訓練 岐阜県恵那市の木曽川

出水期やレジャーシーズンを前に、恵那市の木曽川で20日、遊覧船が浸水したという想...
水難救助訓練をする参加者=20午前10時、恵那市大井町、木曽川

 出水期やレジャーシーズンを前に、恵那市の木曽川で20日、遊覧船が浸水したという想定で訓練が行われ、警察と消防、運航会社が連携を確認しました。

 訓練には恵那警察署と恵那市消防本部、それに恵那峡遊覧船から約30人が参加しました。

 50人乗りの遊覧船のエンジンルームが浸水したという想定で行われ、異常を確認した船長が救助を要請し、船を近くの川岸につけて乗客を降ろしました。

 その後駆け付けた警察や消防のボートで乗客を救助し、万が一の事態に備え連携を確認しました。

 またレジャーシーズンに増える水難事故を想定し溺れている人を助ける訓練も行われ、警察がドローンを使って位置を特定し、いち早く要救助者をボートに引き上げる手順も確認しました。

※恵那警察署 保母将史地域課長兼警備課長
 「県内唯一の遊覧船を管轄しているのが恵那警察署です。今後も訓練を継続して有事の発生に万全を期していきたいと思います」

関連記事