ニュース

  • ニュース一覧
  • ハンセン病の歴史を伝えるパネル展がスタート 岐阜市

ハンセン病の歴史を伝えるパネル展がスタート 岐阜市

22日の「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」に合わせ、ハンセン病の歴...
ハンセン病の歴史を伝えるパネル=20日午前10時、岐阜市薮田南、OKBふれあい会館

 22日の「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」に合わせ、ハンセン病の歴史を伝えるパネル展が20日から岐阜市で始まりました。

 パネル展は皮膚や神経が侵される感染症の一つ、ハンセン病への差別や偏見を招いた歴史を風化させないよう県が毎年開いているものです。

 会場には、静岡県の国立駿河療養所が保存するパネル約40点が展示されています。

 医師不足やわずかな予算の中不自由を強いられた治療の様子、旧優生保護法に基づく強制的な不妊手術などの差別の実態、それに過酷な作業を強いられた療養所での生活などが写真とともに紹介されています。

 この企画展は6月26日まで開かれています。

関連記事