ニュース

  • ニュース一覧
  • JDリーグ大垣ミナモSC 3試合ぶりの勝利 太陽誘電戦

JDリーグ大垣ミナモSC 3試合ぶりの勝利 太陽誘電戦

ジャパンダイヤモンドソフトボールリーグ第11節の18日、大垣ミナモは太陽誘電ソルフィーユと対戦し、タイブレークの末 2対0で勝利しました。

交流戦シリーズを終え東地区での戦いに戻った大垣ミナモは、群馬県の太田市運動公園野球場で太陽誘電ソルフィーユと対戦しました。

試合は両チーム先発のエレンロバーツと寺田が7回まで好投を見せ、0対0でタイブレークに突入しました。

迎えた8回表、2アウト2塁3塁のチャンスで5番内田がライトへのタイムリーヒットを放ち2点を先制しました。

その裏、エレンロバーツが三者凡退で抑え、大垣ミナモは2対0で、3試合ぶりの勝利をおさめました。

大垣ミナモは、通算成績8勝11敗となりました。

次の試合は、あす(19日)、NECプラットフォームズと対戦します。

大垣ミナモ00000002-2
太陽誘電 00000000-0

関連記事