ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県議会定例会 原油高対策の補正予算案など上程

岐阜県議会定例会 原油高対策の補正予算案など上程

岐阜県議会の定例会は14日に開会し、原油高や物価高騰に対応する今年度一般会計補正...
県議会定例会=14日午前10時、岐阜市

 岐阜県議会の定例会は14日に開会し、原油高や物価高騰に対応する今年度一般会計補正予算案など24議案が上程され、古田肇知事が提案説明しました。

※古田肇知事
 「今回の補正予算、総額167億円余はコロナ禍の長期化および現下のエネルギー価格、物価等の高騰の影響により、厳しい環境に置かれた県民および事業者に対する支援並びに感染抑制対策のさらなる強化を実施するものであります」

 今年度一般会計補正予算案の総額は約167億2600万円で原油高や物価高騰の影響を受ける事業者などへ支援策が盛り込まれています。

 このうち地場産業の事業者に対する一律10万円の支給には8億5000万円、県立や私立の学校、幼稚園、保育所への給食費の支援に4億5000万円がそれぞれ計上されています。

 国の施策で低所得のひとり親世帯を対象に児童1人当たり5万円を支給する給付金1億5600万円については15日の本会議で採決されます。

 定例会の会期は6月30日までで議員による質疑・一般質問は21日、23日、24日の3日間の日程で行われます。

関連記事