ニュース

  • ニュース一覧
  • 白山白川郷ホワイトロードで重大事故を想定した訓練 岐阜県白川村

白山白川郷ホワイトロードで重大事故を想定した訓練 岐阜県白川村

大野郡白川村と石川県白山市をつなぐ全長33・3キロの山岳観光道路、白山白川郷ホワ...
事故想定訓練を行う警察と消防=14日午前10時ごろ、白川村

 大野郡白川村と石川県白山市をつなぐ全長33・3キロの山岳観光道路、白山白川郷ホワイトロードが6月17日に全線開通するのを前に、重大事故を想定した訓練が行われました。

 14日は岐阜県側の標高1445メートルにある三方岩駐車場付近で観光バスと乗用車が衝突し、双方の運転手が重傷、バスの乗客10人がケガをしたという想定で訓練が行われました。

 岐阜県と石川県の警察や消防など約60人が参加し、目撃者が非常電話で通報を行い、警察の現場確認のほか消防による負傷者の救出が本番さながらに行われ、岐阜県側の病院へ搬送されました。

 道路を管理する白山林道岐阜管理事務所によりますと、昨シーズン中に大きな事故の発生はありませんでしたが、岐阜県と石川県の県境を越えた安全パトロールを実施するということです。

関連記事