ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣ミナモ延長戦で敗戦 JDリーグ第10節大垣ラウンド初日

大垣ミナモ延長戦で敗戦 JDリーグ第10節大垣ラウンド初日

 ソフトボール女子JDリーグ交流戦シリーズ第10節大垣ラウンド初日の11日、大垣ミナモSCはシオノギレインボーストークス兵庫に延長タイブレーク9回、5対9で敗れ、3連勝はなりませんでした。シオノギは連敗を5でストップ、6試合ぶりの白星。(大垣市北公園野球場)

 第2試合の大垣ミナモ対シオノギレインボーストークス兵庫はミナモが中山、シオノギは吉井が先発。ミナモは近本、長井のソロなどで、一方のシオノギは4番戸村の活躍などで、互いに点を取り合うシーソーゲームとなり、4対4で延長戦に入りました。延長タイブレーク8回に1点ずつを奪い合い9回表、満塁策を取ったミナモに対し、シオノギは4番戸村が4回のソロに続くこの試合2本目となる満塁ホームランを放ち、吉井が完投で締めくくり、9対5でシオノギが競り勝ちました。シオノギは連敗を5で止め、6試合ぶりの白星を挙げました。ミナモは先発中山から早目の継投でシエラにつなぎ、ロングリリーフとなったエレンが最後打たれ、3連勝はなりませんでした。シオノギは6勝12敗、ミナモは7勝10敗。

 11日の第1試合、豊田自動織機シャイニングベガ対NECプラットフォームズは3対1で豊田自動織機が勝ちました。豊田自動織機は11勝6敗で、NECは5勝13敗。

シオノギ 010120014-9
大垣ミナモ110100110-5
(※延長タイブレーク9回)

豊田織機1001100-3
NEC 0000010-1

 大垣ラウンド2日目の12日はシオノギはNECと、ミナモは豊田自動織機と対戦します。

関連記事