ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県ジン・アイバンク協会に寄付 県内7つのライオンズクラブ

岐阜県ジン・アイバンク協会に寄付 県内7つのライオンズクラブ

臓器移植などの医療に役立ててもらおうと、岐阜県内7つのライオンズクラブが3日、県...

 臓器移植などの医療に役立ててもらおうと、岐阜県内7つのライオンズクラブが3日、県ジン・アイバンク協会に10万円を贈りました。

 ライオンズクラブでは臓器移植を推進していて今回、多治見市、土岐市、瑞浪市の7つのクラブが角膜や腎臓などの臓器移植に関する調整や啓発を行っている県ジン・アイバンク協会に寄付を行うことになりました。

 3日岐阜市の県医師会館を訪れたライオンズクラブ第2R 第3Z ZCの井澤康樹さんから協会の河合直樹理事長へ寄付金10万円が手渡されました。

 寄付金を受け取った河合理事長は、「県の移植医療提供のため、有効に使わせていただきます」と感謝を伝えました。

※ライオンズクラブ第2R 第3Z ZC井澤康樹 さん
 「(臓器移植を待っている方々の)補助に少しでもなればいいなと思っている。一緒に『We Serve』という運動に関わってもらえたらありがたいし、ご理解が深まることを願っている」

関連記事