ニュース

  • ニュース一覧
  • 静岡県知事が岐阜県中津川市長とリニアで意見交換

静岡県知事が岐阜県中津川市長とリニアで意見交換

静岡県の川勝平太知事が1日、中津川市で建設工事が進むリニア中央新幹線の新駅と車両...
意見交換が行われた中津川市役所=1日午後

   静岡県の川勝平太知事が1日、中津川市で建設工事が進むリニア中央新幹線の新駅と車両基地の予定地を視察し、青山節児市長と意見交換しました。

 面談は非公開で行われ、終了後に川勝知事と青山市長が報道陣の質問に答えました。

 川勝知事は視察の印象について「工事現場から出た残土について山紫水明のまちにふさわしく有効に活用されている」と述べました。

 また、リニア中央新幹線の開業後に「中部地方の顔になる」として、首都機能移転について三権のうち「司法」を担う最高裁判所の誘致について積極的に働きかけてはどうかと提案したということです。

 一方リニア中央新幹線の工事を巡っては、静岡県はトンネル工事に伴う水資源への悪影響を懸念して反発していますが、青山市長は「工事に関する様々な問題や課題については岐阜県とともに対処しながら前に進んでいる」と、連携の必要性を伝えたということです。

 川勝知事はリニア中央新幹線の整備によって、静岡県内にある新幹線の駅のサービスは高まるとの認識を示し「リニアに反対する理由はない」と述べ、静岡を除く沿線9つの都府県が加盟する建設促進期成同盟会について、近く加盟申請する意向も明らかにしました。

関連記事