ニュース

  • ニュース一覧
  • 木に触れ親しむ 岐阜市の小学生が校内の樹木を学ぶ授業 

木に触れ親しむ 岐阜市の小学生が校内の樹木を学ぶ授業 

学校の校庭にあるさまざまな木に親しむ授業が25日、岐阜市の小学校で行われました。...
校内の樹木に触れる児童ら=25日午前、岐阜市白山町、白山小学校

 学校の校庭にあるさまざまな木に親しむ授業が25日、岐阜市の小学校で行われました。

 白山小学校は「わたの木」と呼ばれ学校のシンボルになっているオオバヤナギをはじめ、40種類以上の多種多様な木が植えられています。

 授業は環境について学ぶ総合学習の一環で4年生20人が参加し、下呂市のNPO法人「森のなりわい研究所」の副代表 野尻智周さんが「隊長」を務めました。

 隊員になった子どもたちは、木の幹を触ったり葉のにおいをかいでみたりして、木の個性に合わせたニックネームを付けていきました。

※参加した児童ら
 「学校のいろいろな木を知ることができてよかった」

 「幹の模様がシマウマみたいな木を見つけました」

 「いろいろな模様で面白い葉っぱがあるんだなと知ってよかった。また調べたいと思いました」

関連記事