ニュース

  • ニュース一覧
  • 警戒レベル2に引き上げ 岐阜県と長野県にまたがる焼岳

警戒レベル2に引き上げ 岐阜県と長野県にまたがる焼岳

岐阜県と長野県にまたがる北アルプスの焼岳で火山性地震が増加しているとして気象庁は...

 岐阜県と長野県にまたがる北アルプスの焼岳で火山性地震が増加しているとして気象庁は24日、焼岳の噴火警戒レベルを火口周辺への立ち入りを規制する「2」に引き上げました。 

 気象庁によりますと、焼岳では23日午後11時ごろから山頂付近を震源とする微小な火山性地震が増加し、24日午後3時までに計49回観測しました。山頂付近では緩やかな膨張が続き、中長期的な火山活動の高まりがみられるということです。

 このため気象庁は焼岳の噴火警戒レベルを活火山であることに留意する「1」から火口周辺への立ち入りを規制する「2」に引き上げました。

 気象庁は火口からおよそ1キロの範囲では大きな噴石が弾道を描いて飛散する可能性があるとして警戒を呼びかけるとともに、地元自治体などの指示に従って危険な地域には立ち入らないように注意を促しています。

関連記事