ニュース

  • ニュース一覧
  • 北京冬季オリンピック・パラリンピック祝賀報告会 岐阜市

北京冬季オリンピック・パラリンピック祝賀報告会 岐阜市

北京冬季オリンピック・パラリンピックで活躍した岐阜県ゆかりの選手の祝賀報告会が2...
祝賀報告会に出席した岐阜県ゆかりの選手たち=22日午後、岐阜市橋本町、じゅうろくプラザ

 北京冬季オリンピック・パラリンピックで活躍した岐阜県ゆかりの選手の祝賀報告会が22日、岐阜市で開かれ、会場はオリンピックさながらの熱気に包まれました。

 祝賀報告会には、北京冬季オリンピックで銅メダルを獲得したフリースタイルスキーの堀島行真選手、スノーボードの村瀬心椛選手、ノルディック複合の永井秀昭選手、パラリンピックで入賞したノルディックスキーの岩本啓吾選手が出席しました。

 この中で、今大会日本勢メダル第1号となった堀島選手は「メダルを獲得するためにやってきて、それが形になったことで達成感があった」と大会を振り返りました。
 
 また、会場に集まったジュニアアスリートからは、「忙しい中で、勉強との両立はどうしているか」といった質問が寄せられ、冬季オリンピックで日本女子最年少メダリストとなった17歳の村瀬選手は、「海外遠征の際は、友達に今どこの範囲をやっているのか聞いている」などと、丁寧に答えていました。

 この後、県の古田肇知事らとの座談会に臨んだ選手たちは、今後の目標などについて、力強く語りました。

関連記事